名古屋のチョコ嚢胞鍼灸 さらさはり灸院

チョコ嚢胞患者さまを全力でサポート

生理痛がひどくて痛み止めが欠かせない方が、婦人科で調べてもらうとチョコレート嚢胞だと言われてガクゼン。もともと2.5cmくらいの卵巣に2cmくらいの嚢胞が出来ているなんて言われるのですから、さぞ不安な気持ちになられたでしょう。「え!?赤ちゃん出来るの?大丈夫?」「お薬を飲むと生理を止めちゃうから不安だし、合わないと気持ち悪くなるし。」「手術すると卵巣の良いところも削っちゃうから赤ちゃん出来なくなるんじゃないの?」「何か他に良い方法ないの?」そう悩んでいる方も多いはず。

でも、大丈夫ですよ。お薬を使ったり生理を止めたりしないで、鍼灸治療で嚢胞の成長を抑えましょう。お薬を飲むと具合が悪くなる方も、妊娠希望の方も安心して受けられます。

チョコレート嚢胞(嚢腫)は子宮内膜症のひとつで子宮内膜症性卵巣嚢胞といい、『子宮の内膜および類似の組織が卵巣で増殖する疾患』です。

原因としては、月経時にはく離した子宮内膜が逆流して卵巣に着床してしまった説や、卵巣の細胞が何らかの刺激を受けて子宮内膜の組織になってしまった説などがありますが、明らかにはなっていません。また、子宮内膜が本来あるべきでない卵巣に存在することから、免疫異常がある(免疫が正常であれば、卵巣にできた子宮内膜の組織は白血球のマクロファージによって貪食されるはずなので)とも言われています。

チョコレート嚢胞があると、多くは強い月経困難症(生理痛)を引き起こします。また、チョコレート嚢胞のある卵巣で育った卵子は質が悪いため、また卵巣が周囲の臓器と癒着してしまうために不妊症の原因にもなります。さらに、閉経前後の時期にはチョコレート嚢胞は悪性化して卵巣癌になる恐れが増加します。

鍼灸治療により卵巣の血行を改善してやることで、卵巣での免疫の働きを正常化させて子宮内膜組織を排除し、嚢胞の成長を抑えることが出来るものと思われます。

また、チョコレート嚢胞以外の卵巣嚢胞にも同様な効果が確認されています。

治療はまず、うつ伏せで背中にある五臓を調えるツボと腰部にハリを打ち数分おきます。その後、腰部に温かいお灸を、症状により五臓のツボにもお灸をします。次に、上向きで肘・膝から先にある気血・五臓を調えるツボにハリを打ち数分おきます。下腹部には温かいお灸をします。

治療を週に1,2回継続していくと、多くは1~3ヶ月ごろから生理痛が軽くなるなどの体感できる変化や、エコー検査での卵巣の変化が現れます。


なぜチョコ嚢胞の鍼灸を?

不妊症やチョコレート嚢胞、生理不順などの婦人科の鍼灸施術を重点に取り組むキッカケになったのは36歳のMAさまでした。それまでは婦人科の鍼灸施術もその他の疾患と同じように診ていました。

MAさまは無月経症で20代後半から徐々に生理の間隔が長くなって、1年のうち数える程しかなくなってしまったそうです。なるほど確かに来院後の2年間も1年に2,3回でした‥。

それまでの施術の方法ではMAさまの無月経には全く歯が立ちませんでした。沢山の症例報告や本を読んで施術の参考にしたり、勉強会に参加して症例報告や本では得られない生の情報を求めたり。そうこうしている間に月日は2年半過ぎてしまいました。相変わらず生理は来ていないにもかかわらず、MAさまは辛抱強く通ってくださっています。なんとか信頼に応えなければともがいて、今の施術法に行きついたのがちょうどその頃でした。

それから8ヶ月毎月続けて薄茶色の出血が観られるようになり、その後は2ヶ月に1度ペースで正常な生理に変わっていきました。そこまでたどり着くのに4年の歳月でした。

その施術法を不妊症や生理痛で悩んで来院された患者さまに用いたところ、『排卵周期が改善される』『生理痛が軽くなる』『チョコレート嚢胞が小さくなる』など様々な効果をもたらすことが出来たのです。

ただ、その施術法も完全ではありません。期待された効果を上げられないこともありました。全ての患者さまの期待に応えるためには留まることのない改良が必要で、今もその手を緩めることは出来ません。

住所

 名古屋市瑞穂区東栄町3-4-1
       サクラ東栄レジデンス1F



地図をタッチすると拡大します。

診療時間

 午前 9:00~12:00
 午後 3:00~ 8:00
  (土曜日は午後 6:00まで)

休診日

 木曜日,日曜日
 祝日は診療します

メール予約できます

料金

 初診料        3000円
 施術料  一般治療  3700円
      逆子治療  3000円
        (料金は税込みです)